うちのネコが一番可愛い

私の家では、拾ってきたネコがいます。本当に目が開いたばかりの小さいネコだったらしく、一匹でミーミー鳴いていた所を、父親が拾ってきて家に迎え入れました。毎日スポイトでミルクを飲ませたり、家の人は皆仕事や学校に行ってしまうので、ペットボトルにお湯を入れて湯たんぽ代わりにして、ネコを暖めてあげました。後から実際のネコを育てるマニュアルを見てみると、結構育てるのが過酷な感じがしましたが、こんな育て方でもなんとかすくすく育ったみたいで、今では12才を迎える程に大きく成長しました。

与えるエサの基本は、紫色のパッケージでおなじみの、カルカン。安価なカリカリのエサですが、野菜が入ったのもあるおかげか、栄養バランスも整っていて、ネコも毎日飽きずに食べてくれています。時々柔らかいエサも与えておりますが、こちらも缶詰だとちょい高めになるので、袋詰めのパウチで柔らかいエサをごちそうとして与えていますが、こちらも美味しく食べてくれています。ネコが元気に育つのは、エサの高さや安さは関係ないという事が伺えるようです。ヒトも高価なものを食べなくても庶民の味で成長していけるのと、似たようなものですね。ディオーネは口コミでも評判のサロンです